無駄吠えリモコン

 

こんにちは、平田聖子です。

 

3年前に結婚して、専業主婦をやっています。

 

おかげさまで、このたび初めて子宝に恵まれました!

 

目下、夫婦で子育てに奮闘中です( ̄^ ̄)ゞ

 

そういえば。

 

そうでなくても育児で賑やかな我が家が、最近さらに騒々しくなりました。

 

というのは、部屋で柴犬を飼い始めたからなんです。

 

赤ちゃんが成長したとき、遊び相手になってほしくて(^∇^)

 

あわよくば、幼児と犬の組み合わせを動画に撮ってYouTuberとか出来そうだし。。。

 

ところが、令和の世の中もそんなに上手くは運びません。

 

期待の柴犬が、大きな問題をかかえていたんです。

 

問題というのは、いわゆる無駄吠え(涙)

 

赤ちゃんが寝てる横でバカみたいに吠えて叩き起こすもんですから、育児に活躍するどころか思いきり邪魔になっています。

 

もちろん、赤ん坊と犬のコラボ動画なんかもってのほか。

 

この犬を期待外れと言わずして何と言うのでしょうか?

 

私たち夫婦はたまりかねて、柴犬に戦力外通告。

 

ドラフト1位で獲得した柴犬は、庭へ放出するに至りました。

 

ところが、問題はさらに大きくなってしまったんです(泣)

 

不本意にも庭に追放されて頭に来たのか知りませんが、柴犬の無駄吠えがどんどん悪化していきました。

 

庭に放りだして二か月が経ったある日、かんにん袋の緒が切れたかのように、お隣さんから苦情が入ったのです。

 

私たち夫婦は育児と苦情の板ばさみになってしまいました(´ヘ`;)

 

育児と並行して、何とか柴犬をしつけて無駄吠えをやめさせなければ!!

 

しかし、犬を飼うのが初めての私たち夫婦に、犬をしつけるノウハウなんてありません・・・。

 

困ってしまったある日、バカ犬を散歩中の公園で犬友達に会いました。

 

そのとき私は大きなヒントをもらいました。

 

犬友達がリモコンみたいな装置を手に、トイプードルを操っていたのです。

 

犬友達に聞いたら、『リモコンから首輪に電波を飛ばしてバカ犬をコントロールしている』との解説をもらいました。

 

小さなリモコン一つでバカ犬をおとなしくさせれるなんて、何てうらやましい(;^ω^)

 

しつけ素人には持ってこいの情報だと思った私は、犬友達に根掘り葉掘りと質問しました。

 

すばやくリモコン装置をゲットして、柴犬の無駄吠えをやめさせようと思ったんです。

 

お隣さんからの苦情対策を急いでましたから、リモコン装置の値段なんか二の次でしたよ(^_^)

ページの頭に逆戻り

無駄吠え対策 リモコン装置
ワンブル

 

安売りでも12800円でしたけど、送料無料はうれしかったですね。

 

リモコン電波もけっこう距離が出るので使いやすかったですよ。いちいち犬に近寄らなくてすみますから。

 

セットアップもまあまあ簡単でした。下に写真と動画で説明してますから見てくださいね。

 

 

≫考えてないで公式サイトへ飛んでみよう。

 

 

ワンブル使用法 写真と動画

 

最初、ワンブルの箱には
首輪(受信器とドッキングさせて、犬の首にブラ下げる)
通電チェッカー(受信器からちゃんと電流が生じるか否か検査するもの)
コンタクトブロング(受信器にはめ込むネジっぽい部品)
V6乾電池
単4アルカリ電池
リモコン
受信器

あたりが梱包されているはずです。ちゃんと内容物があるか否か、きちんと確認をしたほうが賢明でしょうね。
ちなみに、写真のワンブルはひとつ前の古いタイプですので、リモコンにワンブルマークが描かれておりません。ワンブル本家と判別が不可能なぐらいによく似たワンブル類似品がやたらと流通したことから、ワンブル社が自衛手段としてワンブルマークを描くようにしたみたいですよ。

 

ワンブルの箱にはもちろん取扱説明書も梱包されています。ですが、縦の長さが10.5cm、横の長さが21cmで、ずいぶん小さめな説明書となっています。
縦の長さは缶コーヒーのショートぐらいですね。
はっきり言いましてワンブル取扱説明書の字は見にくくて、ずいぶんと読みづらい造りとなっております。

 

ワンブルのリモコンは、かなりのミニサイズとなります。ワンブルのリモコンはアンテナを入れれば缶コーヒーのショート缶より長いんですが、胴体だけなら缶コーヒーのショート缶よりもちびサイズとなっています。

 

ワンブルのリモコンは、煙草と同じく胸のポケットに入るサイズであります。なので、ワンブルのリモコンって邪魔にならなくて助かりますね。リモコンのアンテナ部分だけちょっぴりポケットから出てるのが分かりませんかね?

 

ワンブルリモコン 各部分の名称です。
@アンテナ
ALEDライト(意味不明でした)
Bインジケーションライト(動いているときに光る)
CLCDディスプレイ
中央部分にある3桁の数‥‥動作の強度レベルを示します。
3桁の数字上部‥‥左端から、電流・バイブレーション・警告音・ライトの順番に動作表示マークがきり変わります。
3桁の数字右がわ‥‥チャンネル1とチャンネル2が変わったことが示されます。二個のチャンネルがあることから分かるように、ワンブルはリモコン一個で二つの首輪に効き目があるのです。必要となればワンブルの首輪と受信器だけのちほど追加購入するといいでしょう。
Dレベルアップ・レベルダウンボタン(動きの強さを調節する)
ELEDライトボタン(ここも意味不明でした)
Fチャンネル切替ボタン
G実行ボタン
Hモード(バイブレーション・アラーム・電気・ライト)の切り替え、リモコン起動ボタン

ワンブルの取扱説明書がもうちょっとビッグサイズで読みやすかったらこのような画像なんて要らないとは思うのですけど、視力が悪い人々とか老眼の人々なども相当数いるはずですので、少しでも説明をわかりやすくするため写真撮影に踏み切りました。御覧のとおりハンドメイド画像ですので、華麗さは全くございませんが。

 

 

V6乾電池なんて、ワンブルを買うまで存在も知りませんでした。世の中にはこんな小さい乾電池も作られてるんですね。。大きさは10円硬貨ぐらい、全長2.5cmとなります。

 

ワンブル首輪は、限界までのばすと全長65cmとなります。

 

 

ワンブル受信器は、わたくし平田が食べる気マンマンだったゆで卵に毛がはえたような大きさであります。
上記のとおり、ワンブル受信器は犬の首にぶら下げるものですから、受信器があんまりビッグサイズとなってしまうと犬側も迷惑します。なので、ワンブル受信器はこれぐらいのミニサイズに抑えておかねばならないのでありましょう。
また、ゆで卵か生卵か見ただけではジャッジ出来ませんけれど、嘘いつわりなくゆで卵となっております。

 

ワンブルリモコンに、V6乾電池をハメこみます。

 

リモコンのウラ側に乾電池をハメこんでくださいね。

 

ワンブル受信機は、金具が突出している側が電池のハメこみ口となっていますので

 

思い切りよく蓋をあけて単4電池をハメこんでみましょう。

 

電池をハメこんだら、ワンブル受信器から突然「ビー!!」とけたたましい音が鳴ります。

 

ここでビックリして作業が中断するようでは素人まる出しであります。大きな音が鳴ってもあわてて蓋をしたりせずに、ワンブルリモコンのG実行ボタンをプッシュしてみましょう。もう一回、オートマチックな「ビー!!」って音がしたら、ワンブルは正常動作している証となります。

 

ついでですが、Hのリモコン起動ボタンをプッシュして、ワンブルリモコンをちゃんとスタートさせてからG実行ボタンをプッシュしてくださいね!電源が入ってないワンブルリモコンのG実行ボタンをどれだけ懸命にプッシュしても、疲労を感じるだけで事態は何も進展いたしません。

 

ワンブル受信器に、ワンブル首輪をドッキングさせてまいります。頭の中のイメージは、写真のように、ワンブル首輪を半分に折り畳んだまさに折り目の箇所にワンブル受信機をセットする感じですね。

 

ワンブル受信器の側面は、恥ずかしいぐらいワンブル首輪がセットしやすそうな形態になってます。ですから、ものすごーく判り易いと思われます。

 

でも、写真みたいな感じで、ワンブル首輪を片方側の引っかけにハメてからもう片側の引っかけにもハメようとすると、すごく腕力まかせの肉体労働風になって、若干ながら指もくたびれてしまいます。なので

 

最初に首輪を指でつまんで下さい。

 

指でギュッと半分に畳んでから

 

半分に畳んだワンブル首輪を引っかけと引っかけの間にグイっと押し込んだら上手くいくでしょう。

 

ワンブル首輪がワンブル受信器の引っかけの間にものの見事にハマってくれました!

 

以上で、ワンブル首輪とワンブル受信器が滞りなくドッキングしたわけであります。

実を言いますとこのワンブル受信器とワンブル首輪をドッキングさせる方策って、ワンブル取り扱い説明書にもワンブルのオフィシャルページにも書いてないんですよね。このあたりがすごーく冷たいところだと思いますから、私が代わって説明してあげようと考えたのであります('◇')ゞ

 

ワンブル受信器とワンブル首輪がうまくドッキング出来ましたら、コンタクトブロング(ワンブル受信器にくっつけるネジみたいな部品)をワンブル受信器のでっぱりにグルグルとねじ込んでいってください。短毛犬ならショートタイプ、長毛犬ならロングタイプがマッチすることでありましょう。

 

 

 

写真は44才おっさんの首なんですが、こんな具合にワンブル首輪を犬の首に下げてあげたらいいよ、というイメージ写真のつもりなんですよね。ワンブルで刺激を与えてやったら、44才おっさんも若干なら頭が良くなったりするかもしれませんが。

 

その後、通電チェッカー(ワンブル受信器から電気がきちんと生じるのかどうか目で確認する部品)を

 

ワンブル受信器のコンタクトブロングに押し付けてみてください。

 

すぐさま、ワンブルリモコンを電流モードのレベル001に設定してください。レベルの切りかえはワンブルリモコンのサイドにあるDのボタン、モード切替はHのボタンで行ってくださいね。

 

その後、いざG実行ボタンをプッシュすると、通電チェッカーの電球が赤色に光る段取りであります。この光が、電気がばっちり通っていることを証明する光となるのであります。

 

この場面で留意していただきたいことは、電流のレベルが000になったままG実行ボタンをどれだけプッシュしても、通電チェッカーの電球が点灯するなんてことは絶対に有りえないということなのであります。そりゃそうですよね、電流のレベルが000のままということは、何ら電気は発生などしていないわけでありますから、通電チェッカーの電球に灯がともることなどあるはずがございません。

 

じつは人体実験も行ってみたのでありますが、電流モードは、レベル001で始めるぐらいでOKだと思いますね。
44才おっさんの手の甲にワンブル受信器をあてがって、電流モードのレベル001で動かしたら、44才おっさんが「ぐあ!かなりビリビリくるぜ!ビックリした!」と仰天して、腰かけていたイスごと背中のほうに倒れそうになるぐらいでしたからね!

電流レベルもけっこう上のレベルまで上昇させれるはずなんですけどね、ぜひともレベル001の電流でしつけ行動を始めるべきだと思いますよ。ハナから強烈レベルの電流でしつけ行動をやったら、いずれ飼い犬が飼い主に仕返しをすることになる恐れがあります。いわゆるしっぺ返しというヤツです(‖ ̄■ ̄‖)

 

ワンブルリモコンのアラームモードを試してみた。

 

ワンブルリモコンのバイブモードも試してみた。

ページの頭に逆戻り

 

チワワ

 

一般的に、チワワはリモコン装置でトイレをしつけていくことが楽な方です。

 

繊細なところがあるため、リモコン装置でしつけを始めたらペットシーツの置き場所を頻繁に置き換えたりしないことが大事だと思います。

 

柴犬などの犬種は、無駄吠えみたいな問題行動をするタイプの犬ではないでしょうか。

 

つまり、無駄吠えのしつけは「苦労するだろう」などと思っておいたら賢明でしょう。

 

たとえ、しつけされていないと無駄吠え行為が多くなるミニチュアダックスフンドですが、ちゃんとリモコン装置でしつけをすると、無駄吠えのようなものを少なくさせることも出来ると言います。

 

痛みに人間ほど敏感でない犬が痛みで鳴いているようであれば、相当な痛みのはずです。

 

従って、無駄吠えをしている訳などがケガや病気をしているせいだと考えられたら、出来るだけ早く動物クリニックなどで診察してもらってください。

 

プルーフィングが不完全だと、家に居る時は吠え癖はなくなっているとしても、外に出た際などに、飼い犬の無駄吠えが再度始まってしまうという事態だって起こるらしいです。

 

犬を飼う場合は、リモコン装置でのしつけは必要だと思ってください。

 

当然、リモコン装置による飼い主のしつけを受けておくと、ラブラドールレトリバーなどは飼い主の言うことを良く聞く性質の成犬に育つでしょう。

 

平均的に歯が生え変わる時期の子犬というのが、最もいたずらっ子ですから、そんな日々にリモコン装置で上手くしつけを実践するようにするべきです。

 

チワワに関しては、しつけのトラブルとして、吠えて騒ぐ、ということが言われます。

 

散歩の最中に通行人などに対してひどく吠えるのが普通になるなど、飼い主もどうしようもできない犬だっています。

 

ふつう、トイプードルは犬の中でも極めて頭が良くて、陽気さを持ち合わせています。

 

主人の命令を良く聞いて、とても人懐っこくて感性の鋭さに加え、反射神経もいいことから、リモコン装置でしつけをしてやると確かに覚えるはずです。

 

もしかして、無駄吠えに困惑していませんか?

 

心配無用です。

 

リモコン装置で無駄吠えをなくさせるのはそれほど難しくはありません。

 

きちんとした知識があるだけで、誰でもできるでしょう。

 

飼い主の言うことを聞く犬と散歩すれば、やはり羨ましく思われますし、お友達の飼い主さんにリモコン装置でのしつけのコツを教えてあげると、感謝されて人気者になってしまうことは間違いないと思います。

 

ミニチュアダックスフンドの性格には強情だったりします。

 

専門のトレーナーに会って、各ミニチュアダックスフンドに合っているしつけなどを指導してもらうこともおすすめであると言えるかもしれません。

 

犬と共に暮らすには、リモコン装置でしつけをする必要があります。

 

チワワだったら、十二分に褒めちぎることが大切なようです。

 

笑顔で優しく接して、しっかり可愛がるようおススメします。

 

散歩に関するしつけのトラブルは、大別して2つあって、それらの原因は、どっちをとっても上下の関係という観点に強烈に関わっているらしいです。

 

単に甘やかすのではなく、子犬の時期に必要なしつけをリモコン装置で実行しておくと、柴犬みたいに飼い主の言うことを聞く犬はいないだろう、というくらいに飼い主に従うようです。

 

 

リーダーウォーク

 

リーダーウォークの基本は、ペットとの散歩のしつけの手段ではなく、犬との主従関係を作るバトルでしょうね。

 

ですが、動揺したりしては良くありません。

 

子犬が噛んでくるというタイミングは、「噛むのは良くない行為だ」というしつけをする持って来いのチャンスでしょう。

 

もし噛まなければ、「噛むのはいけない」というしつけをすることは無理じゃないでしょうか。

 

ポメラニアンに関しては、リモコン装置でしつけられながら信頼関係を築くことを喜ぶ犬です。

 

小さい子犬のうちからしっかりリモコン装置でしつけてあげることをお勧めします。

 

ふつう、子犬の時は、甘い顔をしたくなるんでしょうけれど、小さな時にこそ、必要最低限のしつけというのを地道にリモコン装置で実践するべきでしょう。

 

賢い犬種のトイプードルです。

 

飼育には大した悩みは目だってありません。

 

子犬のトイレトレーニングや、別のしつけも、きちんとクリアするんじゃないかと思います。

 

無駄吠えなどと言うものは、つまり吠えるべきでない状況に吠える、そして飼い主が吠えられたら困ってしまう際にも吠える行為ですから、是非リモコン装置で矯正させたいと思うのが当然です。

 

ふつう、犬にとっては噛むのは親愛の印です。

 

永久歯に入れ替わる頃に甘噛みがありますが、そんな時に念入りにしつけされないと、噛むことが癖のようになってしまうらしいです。

 

子犬の時に、完璧に甘噛みはいけない行為といったしつけなどされたことがないペットの犬は、成長期を過ぎても急にかぷっと人を噛む行為が出ることがあると言います。

 

慣れない頃は、リモコン装置でしつけする前の吠える、噛む犬に困ったものです。

 

とてもカワイイ犬だというのに、私を相手に吠えるし噛みつくし、至極悲しい日々でした。

 

リモコン装置によるトイレのしつけ期間に愛犬に対してある程度褒美をあげたり、賞賛することが実行できたら、愛犬に対しての褒め称えたいという感情が犬に伝えられているかを一度確かめましょう。

 

ここでは、リモコン装置による無駄吠えのしつけの仕方関連を紹介します。

 

ご近所さんへの迷惑や騒音問題を防ぐためにも、着実にリモコン装置で対処してください。

 

お散歩、食事をすることなど、愛犬が心待ちにしているものとか行動などはご褒美の一種ですからこういうイベントを行うより前にトイレのしつけ練習をトライしてみるのも有効です。

 

人気のミニチュアダックスフンドは小柄な体型を保つので、いつまでも見た目は子犬のような感じで可愛いですが、しつけに関してはしっかりと早い時期にやり始めることが重要でしょう。

 

リモコン装置による基本のしつけが行われていないと、散歩中に好きな方向に歩いたり犬や人に吠えるなど、様々なトラブルが出てくると思います。

 

というのも、主従の立場が正しくないからです。

 

散歩をしつつも、しつけ訓練はリモコン装置で出来るようです。

 

信号を待っている時は、「おすわり」「待て」の号令の練習ができますし、不定期に歩くのをやめて、「まて」の行為が可能でしょう。

 

ラブラドール

 

朝夕の散歩、ご飯の時間、犬が嬉しい時間とか行動などは実はご褒美なのです。

 

リモコン装置を上手に利用してイベントの時間の前にトイレをしつける行為をするようにしても有効です。

 

みなさんも、高ぶって噛む愛犬をしつけるような場合、絶対に落ち着いて、威厳をみせつつ対応することが肝要になります。

 

感情的にしつけをやっても、成功しないままです。

 

概して、規則が存在するゲームは、ラブラドールのしつけの1つとして適しているようです。

 

飼い主の主人とラブラドールが息もぴったりに交流しつつ、大変多くのことを習得できると思います。

 

通常時間が経っていけば、ポメラニアンは聞き分けが良くなりますが、リモコン装置できちんとしつけをしておかないと、最終的には飼い主の言うことを聞かないようになる事だってあるでしょう。

 

犬と共に暮らすには、リモコン装置でしつけをするべきです。

 

チワワに関しては、できるだけ褒め尽くすことです。

 

愛情をこめて撫でるなどして、兎にも角にも可愛がることです。

 

散歩の最中にも、ペットのしつけはリモコン装置で行なうことが可能です。

 

信号を待つ時には、「お座り」とか「待て」の練習ができますし、突然のように歩くのをやめて、リモコン装置で「待て」の訓練をしても良いでしょう。

 

犬でも気が弱いと、通常アホみたいに無駄吠えしたりすることが多くなってしまうらしいです。

 

このように無駄吠えしてしまうのは、一種の警戒反応であったり、恐怖心のためのパニックのようなもののようです。

 

散歩をする際の犬の拾い食いをしてしまった時のしつけだったら、言葉で教え込もうとすることをしがちですが、そうではなくオーナーであるみなさんが、愛犬に対して慌てたりせずにリードやリモコン装置を操作することでしつけをするのが効果的です。

 

犬をしつけたければ、吠えるまたは噛むのは、なぜそうしているのかを考えながら、「吠えることはいけない」「噛むのは良くない」と、リモコン装置でしつけをしていくことが大事です。

 

犬というのは、歯が生え変わっていく時期の子犬というのが、比較的イタズラをするのが好きみたいです。

 

その最中に徹底してリモコン装置でしつけを実践するようにしてほしいものです。

 

無駄吠えの他にリモコン装置でしつけをしておくと良いのが、飛びつきでしょう。

 

遊びで、ラブラドール・レトリバーのような大きいサイズの犬が飛びつきをして、勢いに乗って噛みついてしまい、危害を加えてしまうこともあるでしょう。

 

誤らずにリモコン装置でしつけることが重要でしょう。

 

とりわけ、ミニチュアダックスフンドをリモコン装置でしつけたいと考える時に覚えておいてほしいことは、お茶目な性質について、出来る限り知ることでしょう。

 

よくありがちなリモコン装置で犬の無駄吠えをしつける手立て関連をまとめています。

 

近隣住民とのトラブルや快眠の妨げを招いてしまわないように、きちんとリモコン装置でトレーニングすることをお勧めします。

 

リモコン装置でしつけを行う際の要注意点なのですが、何があろうとポメラニアンを殴ったりしては駄目だと思ってください。

 

怯えるようになって、以降、心を閉ざすようになって寄り付かなくなるということです。

 

一般的にポメラニアンは頭が良い犬なので、小さいうちにリモコン装置でしつけをすることは無理ではありません。

 

家庭では大体のしつけは、生後から半年くらいの間にリモコン装置で終わらせると良いかもしれません。